無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間移設『辺野古以外』 首相ようやく本音? 持論は『米軍常駐反対』 | トップページ | 赤旗主張/普天間基地撤去/「移設先」探しはもうやめよう »

2009年12月17日 (木)

首相、駐留なき安保論封印 「議論あるのは当然」

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091217AT3S1601X16122009.html
首相、駐留なき安保論封印 「議論あるのは当然」

 鳩山由紀夫首相は16日、日米安全保障体制下での在日米軍の「常時駐留なき日米安保」構想について「現実に首相という立場になった中で、その考え方はやはり今、封印しなければならない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は旧民主党時代に平時には米軍が日本国内に駐留せず、有事に限って日本への出動を求める内容の「常駐なき日米安保」構想を提唱した。

 首相は同構想を封印する意向を示す一方、「私はかつてそういう思いを持っていたし、日本の将来50年、100年という発想の中で、他国の軍隊が居続けることが果たして適当かどうかという議論は当然ある」と語った。(16日 20:16)

« 普天間移設『辺野古以外』 首相ようやく本音? 持論は『米軍常駐反対』 | トップページ | 赤旗主張/普天間基地撤去/「移設先」探しはもうやめよう »

日米関係」カテゴリの記事