無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« アフガン駐留米軍司令官、新戦略について議会証言 | トップページ | 党首の連立離脱論に苦言=阿部社民政審会長 »

2009年12月 9日 (水)

普天間「かなり難しい局面」=鳩山首相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009120900339
普天間「かなり難しい局面」=鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は9日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「かなり難しい局面だということは認識しているが、解決策はある。最後はわたしが決める」と強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相は「この問題は沖縄や国民の暮らしにもかかわる大変大きなテーマでもあるから慎重に判断しなければならない」と指摘。「政府の考え方はだいぶ詰まってきている。米国に対して交渉の材料として主張する方針を固めていく」と重ねて表明した。(2009/12/09-11:10)

« アフガン駐留米軍司令官、新戦略について議会証言 | トップページ | 党首の連立離脱論に苦言=阿部社民政審会長 »

日米関係」カテゴリの記事