無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間移設先、結論先送り=連立3党で検討-政府 | トップページ | 陛下特例会見、憲法原理に反する 慶応大学講師・竹田恒泰 »

2009年12月15日 (火)

参政権法案、反対でも賛成を=民主小沢幹事長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009121400947
参政権法案、反対でも賛成を=民主小沢幹事長

 民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、永住外国人に地方参政権を付与する法案について「(党内に)賛否があるのは承知しているが、自分たちの政府が提案したことには賛成するのが普通だ」と述べ、反対の立場の党所属議員にも、採決の際は賛成を求める考えを示した。党議拘束を掛けるか否かは明言しなかった。
 一方、憲法に関して「金科玉条のように神様から授かった(という)ような考え方は、戦前の憲法観と同じだ」と指摘。「みんなが変えた方がいいと思えば変えればいい」と述べた。
 日本外交については「日米関係、日中関係の二つが最も重要だ」と強調した。 (2009/12/14-22:52)

« 普天間移設先、結論先送り=連立3党で検討-政府 | トップページ | 陛下特例会見、憲法原理に反する 慶応大学講師・竹田恒泰 »

改憲動向」カテゴリの記事