無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 首相「憲法改正議論を」連立に新たな火種 | トップページ | “憲法理念実現が連立合意” »

2009年12月27日 (日)

社民・福島氏「憲法改正しない」 首相発言に反論

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091227ATFS2700327122009.html
社民・福島氏「憲法改正しない」 首相発言に反論

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は27日のテレビ朝日番組で、鳩山由紀夫首相がラジオ番組収録で憲法改正に言及したことについて「憲法改正はしない」と反論した。記者団には「民主、社民、国民新3党の連立合意は改正ではなく、今の憲法の理念の実現をめざすということがポイントだ」と強調した。

 首相が沖縄県の米軍普天間基地のグアム全面移設は無理と指摘したことに関しても、記者団に「難しいと言っただけだ。グアムは大きな選択肢の1つ。移転の可能性を最大限追求していく」と強調した。28日からの普天間問題に関する政府・与党の作業部会で県外・国外移設という立場を崩さない姿勢も示した。 (14:14)

« 首相「憲法改正議論を」連立に新たな火種 | トップページ | “憲法理念実現が連立合意” »

改憲動向」カテゴリの記事