無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 内閣支持続落、47%に=不支持3割超す-時事世論調査 | トップページ | 赤旗しんぶん主張/軍事予算編成方針/海外派兵強化に変わりがない »

2009年12月19日 (土)

普天間越年、理解得た 鳩山首相が米国務長官に説明

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121901000035.html

普天間越年、理解得た 鳩山首相が米国務長官に説明

 【コペンハーゲン共同】鳩山由紀夫首相は18日夜(日本時間19日未明)、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の結論を来年に先送りした政府方針に関し「クリントン米国務長官に経緯を説明、基本的に理解してもらった」と述べた。気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)首脳級会合の会場で記者団に語った。

 首相によると17日夜(同18日未明)、デンマーク女王マルグレーテ2世主催の夕食会で、隣に座ったクリントン氏に「衆院選で民主党が勝ち、沖縄県民の期待感が高まっている」と指摘。「日米合意は重いが、新たな選択肢を考える努力を始めているので、しばらく待ってほしい」と要請した。

 クリントン氏は「よく分かった」と応じた。首相は記者団に「日米同盟の重要性も互いに確認できた」と述べた。

 ただ首相は当初、普天間問題の政府方針をオバマ米大統領との会談で直接伝える意向だったが、米側は、消極的態度に終始。首脳級会合でオバマ氏と「この会合はうまくいっていない」などと短く言葉を交わしただけに終わった。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009121900051
首相、米長官に先送り説明=「合意強行は危険」-普天間

 【コペンハーゲン時事】鳩山由紀夫首相は17日夜(日本時間18日未明)に行われた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)関連の晩さん会で、クリントン米国務長官と意見交換した。首相は席上、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、現行計画に代わる新たな選択肢を検討するとの方針を説明し、「(結論を)しばらく待ってほしい」と要請。これに対し、同長官は「よく分かった」と述べるにとどめた。
 首相が18日夕(同19日未明)、記者団に明らかにした。それによると、首相と同長官は晩さん会で隣り合わせに着席。約1時間半にわたり、日米同盟の在り方などについて話し合ったという。 
 普天間問題に関し、首相はキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を移設先とする現行計画の見直しへの期待が沖縄県内で高まっていることを同長官に伝えた。その上で「日米合意は重いが、合意を強行すると結果は危険だ」と述べ、同計画を拙速に履行することに慎重な考えを示した。
 一方、首相は18日、COP15の一連の協議でオバマ米大統領と同席したが、「元気かい」とあいさつを交わした程度で、普天間問題などの懸案については議論しなかったという。(2009/12/19-05:24)

« 内閣支持続落、47%に=不支持3割超す-時事世論調査 | トップページ | 赤旗しんぶん主張/軍事予算編成方針/海外派兵強化に変わりがない »

日米関係」カテゴリの記事