無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間で15日にも政府方針 首相が表明 | トップページ | 普天間移設先、結論先送り=連立3党で検討-政府 »

2009年12月14日 (月)

東京大空襲訴訟、被災者ら敗訴=国の賠償責任認めず-東京地裁

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc
東京大空襲訴訟、被災者ら敗訴=国の賠償責任認めず-東京地裁

 1945年の東京大空襲の被災者と遺族131人が、救済や補償を怠ったとして国を相手に総額約14億4100万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であり、鶴岡稔彦裁判長(斉木敏文裁判長代読)は、請求を棄却した。
 原告側は、旧日本軍による中国・重慶爆撃などの都市無差別爆撃が、米軍に東京を空襲する口実を与え、歴史上に類を見ない非戦闘員に対する虐殺行為を招いたと主張。国は特別法を制定して空襲被災者らを救済する義務があったのに、援護や補償をせずに放置したと訴えていた。
 国側は「戦争被害は、国民が等しく受忍すべきだ」との最高裁判例を根拠に、請求棄却を求めていた。(2009/12/14-15:18)

« 普天間で15日にも政府方針 首相が表明 | トップページ | 普天間移設先、結論先送り=連立3党で検討-政府 »

民衆の運動」カテゴリの記事