無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 朝日社説/普天間先送り―鳩山外交に募る不安 | トップページ | 【正論】防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛 「対等な同盟」論に欠けるもの »

2009年12月16日 (水)

「1か月ルール」過去の会見希望250件精査へ

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091216-OYT1T00056.htm
「1か月ルール」過去の会見希望250件精査へ

 天皇陛下と習国家副主席との会見が特例的に行われた問題で、宮内庁は15日、陛下との会見希望は1か月以上前までに宮内庁に申請するとの「1か月ルール」が厳格化された2004年2月以降に会見希望のあった約250件について精査を始めた。

 首相官邸から詳しい報告を求められたこともあり、経緯を整理する。

 外務省によると、1か月ルールは、陛下が前立腺がんの摘出手術を受けられたことをきっかけに厳格化された04年2月以降、宮内庁と同省、在外大使館だけでなく、各国の在日大使館にも「厳守」が通知された。

 陛下との会見希望は、04年以降、年間30~60件で推移しており、宮内庁はこれらの計約250件の実績について、希望国からの申請が会見希望日の何日前にあったのか、以前の記録を集め、調査を始めている。
(2009年12月16日06時55分  読売新聞)

« 朝日社説/普天間先送り―鳩山外交に募る不安 | トップページ | 【正論】防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛 「対等な同盟」論に欠けるもの »

「国内情勢」カテゴリの記事