無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「6カ国」再開へ新たな一歩=米代表訪朝で見解-中国党高官 | トップページ | 福島党首4選に壁、「出しゃばりすぎ」の声も »

2009年12月 1日 (火)

みんなの党への入党発表=民主断り「しがらみのない政党で」-川田参院議員

川田クン、それはないよ。江田議員と川田母御が仲がいいと、風の便りに聞いてはいましたが、無所属が売りで当選したんでしょうに。みんなの党の政治姿勢と無所属市民運動は水と油でしょう。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009120100700
みんなの党への入党発表=民主断り「しがらみのない政党で」-川田参院議員

 無所属の川田龍平参院議員(33)は1日午後、衆院議員会館で記者会見し「しがらみのない政党で、自分が何よりもやりたい医療や厚生労働(政策)を任せてもらえる」として、みんなの党に入党したと発表した。川田氏はまた、民主党から会派入りの打診があったことを明らかにした上で、「民主党は党内で自由に発言できない。議員立法を禁じられ、議員連盟の活動も制限されている」と、みんなの党を選んだ理由を説明した。
 会見には渡辺喜美代表が同席し「参院選比例区で応援してもらう場面が多々ある」と述べ、来年夏の参院選での活動に期待を示した。川田氏は政調会長代理と副幹事長に就く。これにより、みんなの党の所属議員は6人(衆院5人、参院1人)となった。 
 川田氏は東京HIV訴訟の元原告で、1995年に薬害エイズ被害者として実名を公表。企業や行政の責任を追及し、2007年の参院選で東京選挙区から無所属で出馬、初当選した。(2009/12/01-16:47)

« 「6カ国」再開へ新たな一歩=米代表訪朝で見解-中国党高官 | トップページ | 福島党首4選に壁、「出しゃばりすぎ」の声も »

「国内情勢」カテゴリの記事