無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« PAC3、部分改修に=防衛予算で基本方針 | トップページ | 普天間「針の穴にロープ通す」=首相 »

2009年12月17日 (木)

国会法改正 法案の骨子を提示

http://www3.nhk.or.jp/news/t10014477171000.html#
国会法改正 法案の骨子を提示
12月17日 15時00分

17日に開かれた社民党の政策審議会の全体会議で、民主党は、官僚の国会での答弁禁止などを柱とした国会法などの改正について、国会の常任委員会の下に、法制局長官を含む官僚から意見を聞く「意見聴取会」を設けるなどとした法案の骨子を示しました。

社民党の政策審議会の全体会議で、民主党政治改革推進本部の海江田事務局長が示した骨子によりますと、法案は「国会審議活性化法案」という名称で、官僚が国会で答弁できる根拠となっていた「政府参考人制度」を廃止し、「政府特別補佐人」として国会に出席している法制局長官も答弁を認めないとしています。その一方で、法制局長官の答弁も認めるべきだという社民党の意向にも配慮し、国会の常任委員会の下に、法制局長官を含む官僚から意見を聞く「意見聴取会」を設けるとしています。また、政治家どうしの議論を活性化するため、大規模な災害やテロなどの緊急事態を除き、質問する国会議員は、例外なく前日の正午までに質問を通告することとしています。民主党が示した骨子に対し、出席した社民党議員からは「今の委員会の審議でも、政治主導の国会運営を行うことは可能ではないか」といった意見も出され、今後、両党間で議論を進めていくことになりました。

« PAC3、部分改修に=防衛予算で基本方針 | トップページ | 普天間「針の穴にロープ通す」=首相 »

改憲動向」カテゴリの記事