無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« みんなの党への入党発表=民主断り「しがらみのない政党で」-川田参院議員 | トップページ | 「真実追求、将来に有益」沖縄密約証言の元局長 »

2009年12月 2日 (水)

福島党首4選に壁、「出しゃばりすぎ」の声も

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091201-OYT1T01242.htm
福島党首4選に壁、「出しゃばりすぎ」の声も

 社民党は、党首選の告示を4日に控え、党内の駆け引きが激しさを増している。

 2003年12月から3期6年、党首の福島消費者相は4選出馬の意向だが、党内には「福島氏は何事にも出しゃばりすぎだ」といった不満も一部議員にあり、対抗馬擁立を模索する動きも出ている。

 福島氏と一線を画す又市征治副党首は、11月27日の両院議員懇談会で党首代行の設置を求めた。党内の福島氏の影響力をそぐ狙いがあると見られている。また、福島氏と距離を置く阿部知子政審会長、照屋寛徳衆院議員ら4人が11月30日、国会内に集まるなど「反福島」の動きが活発化している。

 こうした動きを、福島氏に近い議員は「与党入りして党首に注目が集まるようになったから福島氏をやっかんでいるだけだ」と批判。

 福島氏を支える重野幹事長が1日、又市氏ら複数の議員と会い「福島体制」継続への理解を求めるなど党内融和を図ろうとしているが、福島氏自身は党内情勢を見極めるため出馬表明を見送っている状況だ。
(2009年12月1日22時14分  読売新聞)

« みんなの党への入党発表=民主断り「しがらみのない政党で」-川田参院議員 | トップページ | 「真実追求、将来に有益」沖縄密約証言の元局長 »

「国内情勢」カテゴリの記事