無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 参院選後も「連立維持」 小沢氏、目標は単独過半数 | トップページ | クリントン長官、駐米大使を異例の呼び出し 普天間問題 »

2009年12月22日 (火)

普天間、年内に与党協議機関=「5月期限」は共通認識-防衛相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009122200470
普天間、年内に与党協議機関=「5月期限」は共通認識-防衛相

 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を検討するための与党3党実務者による協議機関について、年内に設置することを明らかにした。政府は今月15日に、移設問題の結論を当面先送りし、沖縄県外や国外も含めた新たな移設先を3党で協議していく方針を決めていた。
 これに関し、北沢俊美防衛相は記者会見で、移設先選定の期限は平野長官が先に言及した「来年5月」がめどになるとの認識を示した。防衛相は「『5月まで』ということで日程を区切ったが、できる限り急いでやるべきだ。(これは政府・与党内で)互いが認識し合っているタイムスケジュールだ」と強調した。 
 防衛相はまた、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)へ移設する現行案について「沖縄県民が了解し、埋め立て工事が大きな妨害もなく進むことが担保できれば、一番いいことは分かっている」としつつも、「現在の政治状況や沖縄県民の心情を忖度(そんたく)すれば難しい」と指摘した。(2009/12/22 -13:17)

« 参院選後も「連立維持」 小沢氏、目標は単独過半数 | トップページ | クリントン長官、駐米大使を異例の呼び出し 普天間問題 »

日米関係」カテゴリの記事