無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 迷走の13年:普天間移設の構図/上(その1) 首相「辺野古以外を」 | トップページ | 民主の陳情窓口一本化は憲法違反、自民が見解 »

2009年12月16日 (水)

普天間移設先送りで米に反論 首相「これ以上の結論ない」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009121601000228.html
普天間移設先送りで米に反論 首相「これ以上の結論ない」

2009年12月16日 11時21分

 首相公邸前で記者の質問に答える鳩山首相=16日午前

 鳩山由紀夫首相は16日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の結論を先送りした政府方針に米海兵隊司令官が遺憾の意を示したことに対し「日本政府としての考えがある。沖縄の現状を考えると、これ以上の結論はない」と反論した。公邸前で記者団の質問に答えた。

 同時に「普天間や予算の問題で閣僚の中でいろいろと声があって(首相の)指導力がどうだという話がある。それは分かっているが、いずれ国民もこの答えが最適だったと分かるときがくる」と強調した。

 また、前日のルース駐日米大使との会談については「岡田克也外相がルース大使と何度も議論しながら理解を求めている。その方針に沿ってやるという思いを伝えた」と説明した。
(共同)

« 迷走の13年:普天間移設の構図/上(その1) 首相「辺野古以外を」 | トップページ | 民主の陳情窓口一本化は憲法違反、自民が見解 »

日米関係」カテゴリの記事