無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 内閣支持48%に急落 首相の指導力に疑問符 世論調査 | トップページ | 普天間、年内に与党協議機関=「5月期限」は共通認識-防衛相 »

2009年12月21日 (月)

参院選後も「連立維持」 小沢氏、目標は単独過半数

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091221AT3S2000M20122009.html
参院選後も「連立維持」 小沢氏、目標は単独過半数

 民主党の小沢一郎幹事長は20日、盛岡市内で開いた党岩手県連主催のパーティーであいさつし、来年夏の参院選で民主党として単独過半数を目指す方針を改めて強調した。そのうえで、参院選後の政権運営について「国民新党や社民党との協力関係をご破算にせず、もちろん維持していく」と述べ、民主党が単独過半数を獲得しても3党による連立の枠組みを継続する考えを示した。

 小沢氏は「本当にここ一番というときには、両院で過半数を持っているということが政権の最大の強みだ」と力説した。来夏の参院選での民主の改選議席数は 53(江田五月議長を含む)で、単独過半数には最低でも60議席の獲得が必要。パーティーに先立つ記者会見では「61議席以上の当選を目指して全力を挙げたい」と語った。

 西松建設の巨額献金事件に絡む自身の公設第1秘書の初公判について小沢氏は記者会見で「県政に関係ない。明日(の定例記者会見で)答える。聞きたければ東京に来てください」と述べるにとどめた。(20日 20:34)

« 内閣支持48%に急落 首相の指導力に疑問符 世論調査 | トップページ | 普天間、年内に与党協議機関=「5月期限」は共通認識-防衛相 »

「国内情勢」カテゴリの記事