無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« アフガン支援、作戦本部に自衛隊員 国際治安部隊、政府が検討 | トップページ | 憲法解釈「過去の法制局答弁にしばられず」 官房長官 »

2009年11月 6日 (金)

外国人参政権法案の提出検討=会期延長も-山岡民主国対委員長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009110600356
外国人参政権法案の提出検討=会期延長も-山岡民主国対委員長

 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と国会内で会談し、永住外国人に地方参政権を付与するための法案について、議員立法での今国会提出を検討する考えを伝え、協力を求めた。川崎氏は、持ち帰って党内で協議した上で回答するとした。
 山岡氏はこの後、記者団に対し、30日までの今国会会期の延長を検討する意向も示した。 
 永住外国人への地方参政権をめぐっては、民主党内で鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長が前向きだが、中堅・若手の保守系議員を中心に根強い反対論がある。意見集約が難しいため、山岡氏は川崎氏との会談で、党議拘束を外す方向で調整する考えを示し、自民党にも同様の対応を求めた。
 野党サイドでは、自民党内に地方参政権付与の異論が強い半面、公明党は付与に積極的だ。(2009/11/06-12:27)

« アフガン支援、作戦本部に自衛隊員 国際治安部隊、政府が検討 | トップページ | 憲法解釈「過去の法制局答弁にしばられず」 官房長官 »

「国内情勢」カテゴリの記事