無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 『年内に結論の状況ではない』  普天間移設で首相  | トップページ | 東アジア共同体へ/歴史認識の共有めざす/共通教科書研究者一堂に »

2009年11月22日 (日)

北朝鮮対象の貨物検査法案/軍事的緊張を招く/穀田議員

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-22/2009112204_03_1.html
北朝鮮対象の貨物検査法案/軍事的緊張を招く/穀田議員

(写真)質問する穀田恵二議員=20日、衆院国土交通委

 北朝鮮の船舶を対象にした貨物検査法案が20日、衆院国土交通委員会で審議入りしました。

 同法案は今年7月、前麻生政権時に政府が提出し審議未了で廃案になったのを、「自衛隊関与条項」を削除し政府が再度提案したもの。穀田恵二議員は20日の委員会で、自衛隊関与条項を削っても旧法案と何ら内容が変わらず、北朝鮮との軍事的な緊張を招きかねないと批判し、法案成立には道理がないと追及しました。

 貨物検査法案は、自衛隊関与条項が削除されたことで、「大きな違いがある。率直に評価する」(重野安正社民党幹事長)との意見が出されています。

 穀田氏は、同条項は自衛隊法82条を根拠にした海上警備行動を含む自衛隊の活動を「確認的に規定したもので、新たな任務や権限を付与するものでない」と、「旧法案」審議時に浜田靖一防衛相(当時)が答弁していることを紹介し、「条項を削除しても、自衛隊の活動は制限されない。旧法案同様(自衛隊が)出動できる」「(旧法案と)本質的な違いはない」と述べ、政府をただしました。

 榛葉賀津也防衛副大臣は、「(穀田議員の)言われる通り」「(自衛隊関与条項は)確認的な規定」と浜田前防衛相と同様の答弁をしました。さらに、万が一の可能性として海上警備行動による自衛隊の出動が「全くないとは言いきれない」と述べ、同法案も、自衛隊出動の可能性を踏まえたものであることを明言しました。

« 『年内に結論の状況ではない』  普天間移設で首相  | トップページ | 東アジア共同体へ/歴史認識の共有めざす/共通教科書研究者一堂に »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事