無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(102)いちょうの落ち葉を踏みしめながら | トップページ | <共産党ビラ配布>逆転有罪確定へ 最高裁が上告棄却 »

2009年11月29日 (日)

まず海兵隊9000人南部へ=アフガン増派の効果検証-米紙

アフガニスタンでの戦争を拡大するノーベル平和賞受賞者。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2009112900063
まず海兵隊9000人南部へ=アフガン増派の効果検証-米紙

 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は29日、オバマ大統領がアフガニスタンへの追加増派を決定した場合、最初に海兵隊9000人が反政府勢力タリバンの牙城となっているアフガン南部に派遣され、増派効果を検証するモデルケースになると報じた。
 オバマ大統領は12月1日(日本時間2日)に新たなアフガン戦略を発表するが、同紙によると、3万~3万5000人を今後12~18カ月かけて段階的に増派することが盛り込まれる見通しだ。
 アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官は、オバマ大統領に最大4万人以上の増派を進言するとともに、都市部と南部などに重点的に部隊を配備し、治安を回復させ、統治機能確立と復興支援を進める戦略を提示。オバマ大統領は段階的な増派により、増派効果とアフガンのカルザイ大統領の不正撲滅への取り組みを見極め、成果が不十分な場合は増派を中止するという。(2009/11/29-15:37)

« 雑記(102)いちょうの落ち葉を踏みしめながら | トップページ | <共産党ビラ配布>逆転有罪確定へ 最高裁が上告棄却 »

「国際情勢」カテゴリの記事