無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛官アフガン派遣検討と防衛相 首相は否定、調整不足露呈 | トップページ | 外国人参政権法案の提出検討=会期延長も-山岡民主国対委員長 »

2009年11月 4日 (水)

アフガン支援、作戦本部に自衛隊員 国際治安部隊、政府が検討

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091104AT3S0300C03112009.html
アフガン支援、作戦本部に自衛隊員 国際治安部隊、政府が検討

 政府は3日、国際平和活動の一環としてアフガニスタン本土に展開する国際治安支援部隊(ISAF)の作戦本部に自衛隊員数人を年内にも派遣する方向で検討に入った。13日の鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領との首脳会談を控え、新たな対米協力姿勢を示す狙い。来年1月に打ち切る予定のインド洋上での海上自衛隊による給油活動の代わりとして新しい人的貢献策の可能性を探る。

 派遣を検討する自衛隊員は「連絡調整官」で戦闘行為には加わらない。アフガンの首都、カブール中心部にある作戦本部でISAFに部隊を派遣している欧米諸国などとの連絡や調整の役割を担う。ISAFの約7万1000人の兵力のうち主力の米国は約3万4800人と半数近くを占めており、実質的には対米支援の意味合いが大きい。(07:00)

« 自衛官アフガン派遣検討と防衛相 首相は否定、調整不足露呈 | トップページ | 外国人参政権法案の提出検討=会期延長も-山岡民主国対委員長 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事