無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« PAC3全国配備に慎重論も=防衛予算を協議-閣僚委 | トップページ | 防衛予算:12月中旬に指針 基本政策閣僚委でも協議 »

2009年11月24日 (火)

密約調査「懸念ない」=米国務省

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009112400177
密約調査「懸念ない」=米国務省

 【ワシントン時事】米国務省のケリー報道官は23日、米軍の核兵器持ち込みをめぐる日米間の密約を裏付ける文書が見つかり、外務省が公表する方針であることをめぐり、今後の両国の安全保障に与える影響について「必ずしも懸念を持っているわけではない」と言明した。国務省内で記者団に語った。
 同報道官はまた、「(鳩山政権は)独自の(外交・安保)政策を打ち出そうとしており、われわれはそうした議論に貢献したい」と述べた。 
 密約調査をめぐっては、先月訪日したゲーツ国防長官が「核の拡大抑止や日米関係に悪影響を与えないよう注意してほしい」とクギを刺した経緯がある。(2009/11/24-09:14)

« PAC3全国配備に慎重論も=防衛予算を協議-閣僚委 | トップページ | 防衛予算:12月中旬に指針 基本政策閣僚委でも協議 »

日米関係」カテゴリの記事