無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 与党 防衛予算“やり玉” PAC3追加 費用対効果に疑問 | トップページ | 国会改革、今国会は見送りを=重野社民幹事長 »

2009年11月26日 (木)

普天間移設「時間的ゆとりない」 首相「早い時期に結論」

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091126AT3S2502H25112009.html
普天間移設「時間的ゆとりない」 首相「早い時期に結論」

 鳩山由紀夫首相は25日、首相官邸で開いた全国都道府県知事会議であいさつし、沖縄の米軍普天間基地移設問題について「時間的なゆとりはそれほど持っていない。考えなくてはいけないことを検証する中で、極力早い時期に結論を出さないといけない」と述べた。

 日米地位協定の見直しについて「環境に特に力を入れた特別協定というやり方があるかもしれない。一つの識見だ。日本の立場を求めて行動していく」と、環境に関する特別協定の締結も選択肢との考えを示した。

 沖縄県の仲井真弘多知事は同会議で「普天間基地は危険な基地だと米軍も言っている。一日も早い危険性の除去、騒音の軽減を図っていただきたい」と要請した。仲井真知事は同会議出席のため官邸を訪れた。(01:22)

« 与党 防衛予算“やり玉” PAC3追加 費用対効果に疑問 | トップページ | 国会改革、今国会は見送りを=重野社民幹事長 »

日米関係」カテゴリの記事