無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 憲法解釈「過去の法制局答弁にしばられず」 官房長官 | トップページ | 志位委員長の記者会見 »

2009年11月 6日 (金)

鳩山首相、改正教育基本法を当面は継承 国旗国歌指導も

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091105/plc0911052026015-n1.htm
鳩山首相、改正教育基本法を当面は継承 国旗国歌指導も
鳩山由紀夫首相は5日の衆院予算委員会で、改正教育基本法や学習指導要領に基づく学校現場での国旗掲揚、国歌斉唱の指導については、自民党政権下での従来の政府方針を当面、継承する考えを示した。さらに、外国人への地方参政権付与や夫婦別姓については議論の深まりを待つ姿勢を強調し、今すぐ導入を進めることに慎重な考えを示した。

 首相は答弁の中で、安倍晋三内閣時代に成立した郷土・国への愛情の育成といった「愛国心条項」を盛り込んだ改正教育基本法について「尊重するのは当然のことだ。一気に変えていくと考えているわけではない」と述べた。ただ、「見直すべきものがあれば見直したい」とも言い添えて、将来的な見直しには含みを残した。また、「日の丸、君が代は大変大事なものだ。強制的という話ではないが、必要なときに日の丸掲揚、君が代斉唱を指導する」と述べた。

 外国人の地方参政権付与については「前向きに考えたい」としながらも、「強引に押し通そうとは思っていない」として政党間協議に委ねる考えを示した。

 別々の姓のまま婚姻関係を持てる「選択的夫婦別姓制度」には「家族のきずなが薄められてしまうという指摘もある。国民的議論を深めるのが大事だし、無理やり押し通すのはいかがなものか」と語った。

 一方、首相の政治資金収支報告書の虚偽記載問題には「脱税、詐欺、裏献金とは認識していない」と強調した。

« 憲法解釈「過去の法制局答弁にしばられず」 官房長官 | トップページ | 志位委員長の記者会見 »

「国内情勢」カテゴリの記事