無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日本有事の米作戦判明 『統合困難』一因か | トップページ | 「イラクは非戦闘地域でした…」官房長官が野党時代の前言撤回 »

2009年11月19日 (木)

横路衆院議長、法制局長官の答弁禁止に異論

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091119AT3S1801918112009.html
横路衆院議長、法制局長官の答弁禁止に異論

 横路孝弘衆院議長は18日都内で講演し、民主党が国会改革の柱の一つに据えている内閣法制局長官の国会答弁禁止について「首相が代わるたびに憲法解釈が変わったら憲法は機能しない。過去の色々な議論の経緯、経過、解釈について、法制局の機能は必要という意見も各党に強いのではないか」と異論を唱えた。民主党が打ち出した議員立法の制限にも「議員立法を経験したことが今政権側に立って非常に役立っている」と疑問を呈した。(18日 23:18)

« 日本有事の米作戦判明 『統合困難』一因か | トップページ | 「イラクは非戦闘地域でした…」官房長官が野党時代の前言撤回 »

改憲動向」カテゴリの記事