無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 産経【主張】憲法公布63年 改正論をなぜ封印するか | トップページ | 新政権、憲法どこへ 小沢幹事長「法の番人」封じ »

2009年11月 3日 (火)

集団的自衛権の行使めぐり首相と小沢氏が責任のなすり合い

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091102/plc0911022346014-n1.htm
集団的自衛権の行使めぐり首相と小沢氏が責任のなすり合い
2009.11.2 23:45
このニュースのトピックス:財政

 集団的自衛権の憲法解釈をめぐり、鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長が2日、責任のなすり合いを演じた。

 首相は衆院予算委で集団的自衛権の解釈について「変えるつもりはない」と答弁。これを受け、自民党の大島理森幹事長は、小沢氏がかつて内閣法制局の解釈にかかわらず、内閣が解釈変更すると決めれば、集団的自衛権の行使は認められるとの考えを披瀝(ひれき)していたことを念頭に「小沢氏は違うことを述べてきたが、政府と民主党が違うこともあり得るのか」と指摘した。

 首相は「党は党としての判断がある。党に聞いていただければ」とかわしたが、小沢氏は2日夕の記者会見で「僕は政策論はやらない。最初から言っているでしょ。政府に聞いてほしい。私は党務の方ですから、そういうたぐいのことに発言する立場ではない」と一蹴(いっしゅう)。集団的自衛権をめぐる政権のスタンスはますます定まらなくなった。

« 産経【主張】憲法公布63年 改正論をなぜ封印するか | トップページ | 新政権、憲法どこへ 小沢幹事長「法の番人」封じ »

集団的自衛権」カテゴリの記事