無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 社民党首、普天間「県外」の検討機関を=閣僚委、PAC3で意見分かれる | トップページ | 会長は与党議員から=民主検討チームが方針-超党派議連 »

2009年11月25日 (水)

「専守防衛、理解して発言を」社民・福島氏のPAC3慎重姿勢に自民・石破氏が苦言

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091125/stt0911251254003-n1.htm
「専守防衛、理解して発言を」社民・福島氏のPAC3慎重姿勢に自民・石破氏が苦言
2009.11.25 12:53

 自民党の石破茂政調会長は25日午前の記者会見で、弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の追加配備について、「ミサイル防衛システムの精度を上げることは、専守防衛を取るわが国として極めて重要だ。わが国の防衛の本質を理解した上で発言してほしい」と述べた。福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)が同日の基本政策拡張委員会で的中率などを理由に慎重姿勢を示したことに対し、苦言を呈したものだ。

 石破氏は「国民一人ひとりの命や国の独立と平和は必ずしも数字で算出できない。一体、何に対して費用がかかりすぎるのか言わないと、議論としては極めて無責任だ」と述べた。

« 社民党首、普天間「県外」の検討機関を=閣僚委、PAC3で意見分かれる | トップページ | 会長は与党議員から=民主検討チームが方針-超党派議連 »

「国内情勢」カテゴリの記事