無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「専守防衛、理解して発言を」社民・福島氏のPAC3慎重姿勢に自民・石破氏が苦言 | トップページ | 社民党首、普天間予算計上に異議=首相「擦り合わせて結論」 »

2009年11月26日 (木)

会長は与党議員から=民主検討チームが方針-超党派議連

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009112501071
会長は与党議員から=民主検討チームが方針-超党派議連

 民主党の「議員連盟のあり方検討チーム」(座長・伴野豊副幹事長)は25日の会合で、超党派の議連の会長は与党議員が務めるべきだとして、会長職にある自民党議員に譲り渡しを求めていく方針を決めた。26日の副幹事長会議で了承を得て、小沢一郎幹事長に議論の結果を報告する。
 25日の会合ではまた(1)原則として民主党議員は超党派の議連に参加せず、民主党だけの新たな議連を発足させる(2)超党派での活動が望ましい議連については、将来的に規約を改正して、与党議員が会長や事務局長に就くことをルール化する(3)長期間活動実績がない議連の解散を促す-ことも確認した。(2009/11/25 -21:55)

« 「専守防衛、理解して発言を」社民・福島氏のPAC3慎重姿勢に自民・石破氏が苦言 | トップページ | 社民党首、普天間予算計上に異議=首相「擦り合わせて結論」 »

「国内情勢」カテゴリの記事