無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 現行計画の履行求める=普天間移設で米大統領 | トップページ | 鳩山首相、基地再編で問われる指導力=重い米大統領との約束 »

2009年11月14日 (土)

米大統領のアジア外交演説要旨

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009111400222
米大統領のアジア外交演説要旨

 オバマ米大統領が14日に行ったアジア外交演説の要旨は次の通り。
 【アジア外交・日米】
 日本との緊密な友好関係を通して、アジア太平洋地域の繁栄と安全を向上させる措置をとる。太平洋地域出身の初の米大統領として、この極めて重要な地域において、指導力を強化する。
 日米首脳会談で、同盟関係を深化させ、両国政府が既に達した沖縄の米軍再編(普天間飛行場移設)に関する合意を履行するための作業グループを通じて迅速に進めることで合意した。
 米国は日韓両国を含む同盟国を防衛するため強力で効果的な核抑止力を維持する。日本は核兵器を拒絶し、核の平和利用により利益を享受し、安全を強化してきた。
 【北朝鮮】
 北朝鮮は核兵器の獲得をはじめ対立と挑発の道を選択してきた。しかし、米国は脅しには屈しない。北朝鮮は別の道も選択できる。6カ国協議に戻り、過去の約束を守り、核拡散防止条約(NPT)復帰を含め核兵器開発の完全放棄を行うのだ。また、日本人拉致問題が解決されて初めて、近隣諸国と北朝鮮との関係正常化が可能になる。
 【中国】
 21世紀の諸問題に対処するため、中国と実利的な協力を追求していくことが重要だ。中国封じ込めは求めない。対中関係を深めることが他の2国間関係を損なうことはない。強く繁栄する中国は心強い存在であり、「米中戦略・経済対話」を強化し、軍事交流を推進していく。
 【ミャンマー】
 ミャンマーには民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんの無条件解放を要求する。
 【経済】
 アジア太平洋で起きることが米国に直接影響することを米国民全員に知ってほしい。アジア太平洋で米国はさらに貿易を行い、米国の雇用を増大させることが可能だ。20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)の誕生は、アジアの国々に発言の場を広げるものだ。
 【温暖化対策】
 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)成功に幻想を抱いていない。米国も含めすべての国が責任を認める必要がある。途上国は温暖化ガス排出削減に向け実態を伴った行動を起こす必要がある。(2009/11/14-12:58)

« 現行計画の履行求める=普天間移設で米大統領 | トップページ | 鳩山首相、基地再編で問われる指導力=重い米大統領との約束 »

日米関係」カテゴリの記事