無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 防衛予算:12月中旬に指針 基本政策閣僚委でも協議 | トップページ | 社民党首、普天間「県外」の検討機関を=閣僚委、PAC3で意見分かれる »

2009年11月24日 (火)

麻生政権が対米工作 『小型核保有を』核の傘堅持狙い

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009112402000110.html
麻生政権が対米工作 『小型核保有を』核の傘堅持狙い

2009年11月24日 朝刊

 日本政府が麻生政権時代に「核の傘」の堅持を狙い、米国の中期的な核戦略検討のために米議会が設置した「戦略態勢委員会」に行っていた対米工作の全容が二十三日、分かった。現在米国が持たない地中貫通型の小型核の保有が望ましいと指摘し、短距離核ミサイルの退役も事前に日本と協議するよう求めていた。複数の委員会関係者が明らかにした。

 中国や北朝鮮の核の脅威を危惧(きぐ)する日本は、米国の一方的な核削減が核の傘の弱体化につながると懸念。核軍縮に熱心なオバマ政権の登場を背景に、「傘」の信頼性確保を狙った外交工作を展開していたことになる。「核なき世界」に賛同する鳩山政権の基本姿勢と相いれぬ内容もあり、政府の対応が今後問われる。

 日本の工作を受け、二〇一三年にも退役する核巡航ミサイル「トマホーク」の延命を求める意見が米保守派から台頭。日本の要求を背景に大幅な核削減に抵抗する主張もあり、米政府が近くまとめる新核戦略指針「核体制の見直し」にも影響する可能性がある。

 米側関係者によると、同委員会のペリー委員長(元国防長官)らは二月末、米政府への提言策定のため、在米日本大使館から意見聴取。大使館幹部らは日本の見解を記した三ページのメモを提出した上で、(1)低爆発力の貫通型核が核の傘の信頼性を高める(2)潜水艦発射の核トマホークの退役は事前に協議してほしい(3)核戦力や核作戦計画の詳細を知りたい-と発言した。

 米国は、広島型原爆の約二十倍に相当する爆発力が高い地下攻撃用の貫通型核しか保有しておらず、「使える核」を求めたブッシュ前政権が低爆発力の小型貫通核の開発を目指したが、議会の反対で挫折している。

 三ページのメモは機密扱いだが、内容を知る核専門家ハンス・クリステンセン氏によると、日本側は多様な標的を攻撃できる「柔軟性」や、低爆発力の核で市民の巻き添えを最小限にとどめる「差別性」などを備えた核能力保持が望ましいと力説。「近代化された核弾頭」などで核の傘の「信頼性」を担保すべきだとも訴えた。 (共同)

« 防衛予算:12月中旬に指針 基本政策閣僚委でも協議 | トップページ | 社民党首、普天間「県外」の検討機関を=閣僚委、PAC3で意見分かれる »

日米関係」カテゴリの記事