無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【久保田るり子の外交ウオッチ】アフガン支援「50億ドル」の使い途は「検証不可能」 | トップページ | スーダンPKOに数百人規模の部隊派遣検討 »

2009年11月28日 (土)

普天間移設の沖合修正「真剣に検討」 長島防衛政務官

http://www.asahi.com/politics/update/1128/TKY200911280273.html
普天間移設の沖合修正「真剣に検討」 長島防衛政務官

 防衛省の長島昭久政務官は28日、大分市で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古の移設予定先を沖合に修正する案について、防衛省として「真剣に検討している」と述べた。沖合修正は、沖縄県の仲井真弘多知事が計画の受け入れ条件として求めている。

 長島氏は、沖合修正と移設工事完了までの普天間飛行場の機能分散に「仲井真知事はかなりこだわっている」と指摘。「現計画を実行に移すことが前提なら、このふたつの修正の努力は日米両政府が誠意を持ってやる必要がある」と述べ、今後、日米作業部会で検討すべきだとの考えを示した。

« 【久保田るり子の外交ウオッチ】アフガン支援「50億ドル」の使い途は「検証不可能」 | トップページ | スーダンPKOに数百人規模の部隊派遣検討 »

日米関係」カテゴリの記事