無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権の憲法解釈を踏襲=衆院予算委で鳩山首相 | トップページ | 産経【主張】憲法公布63年 改正論をなぜ封印するか »

2009年11月 3日 (火)

米次官補、5日に訪日=普天間問題など協議へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091103-00000024-jij-int

米次官補、5日に訪日=普天間問題など協議へ

11月3日9時20分配信 時事通信
 【ワシントン時事】米国務省当局者は2日、キャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が5日に日本を訪れることを明らかにした。オバマ大統領の訪日を控え、懸案となっている米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などを日本側と協議する見通し。
 同当局者は、キャンベル次官補が3、4の両日、ミャンマーを訪問した後、5日午前(日本時間)に東京に立ち寄ると述べた。「定期協議の一環」としている。同次官補は、同日午後には東京をたち、ワシントンに帰任する。
 普天間問題をめぐっては、鳩山政権内で足並みの乱れが出ており、岡田克也外相が訪米を米側に打診したものの、日程調整が難航している。こうした中で、キャンベル次官補はミャンマー訪問の帰りに日本側とじかに協議することを決めた形だ。 

« 集団的自衛権の憲法解釈を踏襲=衆院予算委で鳩山首相 | トップページ | 産経【主張】憲法公布63年 改正論をなぜ封印するか »

日米関係」カテゴリの記事