無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 行政刷新会議に稲盛氏=茂木・草野氏も | トップページ | 国防長官訪日へ調整=日米が局長級協議 »

2009年10月 6日 (火)

政府方針 赤字国債増発へ 子ども手当、臨時国会見送り

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091006-00000057-san-pol

政府方針 赤字国債増発へ 子ども手当、臨時国会見送り

10月6日7時57分配信 産経新聞
 政府は5日、平成22年度予算編成について、景気後退で税収が落ち込むことが避けられないとして、赤字国債を増発する方針を固めた。22年度の税収は21年度当初見通しの約46兆円を割り込むのは確実で、不足分は赤字国債を発行して補填(ほてん)せざるを得ないと判断した。政府は税収が40兆円を割り込む可能性があるとみている。

 政府は来年度予算での国債発行を抑制し、公約した政策の実現には税金の無駄遣いを削減した分を充当したい考えだった。

 また、政府は同日、民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた「子ども手当」創設と揮発油(ガソリン)税などの暫定税率廃止のための法案について、10月26日召集見通しの臨時国会への提出は見送り、来年の通常国会へ提出して成立を図る方針を固めた。

 臨時国会では鳩山由紀夫首相の所信表明のほか、公務員給与法改正案など最低限の法案提出にとどめる考えだ。

 子ども手当の支給を来夏の参院選直前の22年6月に始める方針だが、同3月末までに子ども手当創設法案を成立させれば、支給準備に必要な3カ月間は確保できると判断した。

 政府が臨時国会提出法案を絞り込むのは来年度予算の年内編成作業を最優先するとともに、首相の資金管理団体の虚偽記載問題での追及を減らすねらいもある。ただ、民主党内には「公約の目玉は臨時国会で早く取り組むべきだ」(幹部)との異論もある。

« 行政刷新会議に稲盛氏=茂木・草野氏も | トップページ | 国防長官訪日へ調整=日米が局長級協議 »

「国内情勢」カテゴリの記事