無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 臨時国会の開会日の決定が揺れている | トップページ | 小沢氏、21世紀臨調代表と会談へ »

2009年10月16日 (金)

普天間決着先送り、米も理解=北沢防衛相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
普天間決着先送り、米も理解=北沢防衛相

 北沢俊美防衛相は16日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「局長、政務官が訪米し、(日本の)政治の変化を米国によく伝え、一定の理解は得ていると思う。そういう中で、(11月の)オバマ米大統領の訪日をとらえて決着ということは厳しい」と述べ、大統領訪日までに政府方針を決めるのは困難とし、米側も理解しているとの認識を示した。
 インド洋での海上自衛隊による給油活動については、「法律の期限が来年1月だ。ここでいったん終結する。鳩山内閣として臨時国会に法案を出す予定はなさそうだし、わたしの立場で帰国命令を出すことになる」と重ねて強調した。 (2009/10/16-11:26)

« 臨時国会の開会日の決定が揺れている | トップページ | 小沢氏、21世紀臨調代表と会談へ »

日米関係」カテゴリの記事