無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 元タリバーン兵に職業訓練打診 外相、カルザイ氏と会談 | トップページ | <スコープ>小沢幹事長の方針 官僚答弁禁止 戸惑う閣僚 »

2009年10月12日 (月)

公明党・山口代表「給油活動の継続必要」

公明党は自公連立の失敗の総括が不徹底だ。肝心な党再生は「平和の党」に戻ることなのに。こんな状態では自民党の下駄の雪が終わっていないことだ。(高田)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091011-OYT1T00538.htm
公明党・山口代表「給油活動の継続必要」

 公明党の山口代表は11日、来年1月に期限が切れるインド洋での海上自衛隊の給油活動の継続は必要としながらも、自民党との議員立法で継続を求めることには否定的な立場を表明した。広島市内で記者団の質問に答えた。

 山口氏は海自の活動について「効果もあるし、各国から継続要請を受けているので、継続の法的措置を取ってもらいたい」と述べ、臨時国会で政府に対応を求めるとした。その上で「自衛隊の海外活動(の法整備)は政府がやるのが原則だ」とも述べ、自民党の独自法案提出の動きに公明党は同調しない考えを示した。
(2009年10月11日18時39分  読売新聞)

« 元タリバーン兵に職業訓練打診 外相、カルザイ氏と会談 | トップページ | <スコープ>小沢幹事長の方針 官僚答弁禁止 戸惑う閣僚 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事