無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 小沢グループが衆院選後初会合 | トップページ | 米代表、来月訪朝へ 6カ国再開向け直接対話 »

2009年10月30日 (金)

貨物検査法案を閣議決定=対北制裁、自衛隊活動は削除

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000037-jij-pol

貨物検査法案を閣議決定=対北制裁、自衛隊活動は削除

10月30日10時5分配信 時事通信
 政府は30日午前の閣議で、北朝鮮関係船舶の貨物検査を可能にする特措法案を決定した。同日中に国会に提出する。ただ、与党は日本郵政グループ各社の株式売却凍結法案や中小企業への「貸し渋り・貸しはがし防止法案」の処理を優先する方針で、今国会で成立するかは微妙だ。
 貨物検査法案は、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に基づき、禁輸対象の核・ミサイル関連物資を積んでいると認められる「相当な理由」がある場合は、海上保安庁や税関がその船舶を検査できると定めている。
 麻生前政権が7月に提出して衆院解散で廃案になった法案では、海上自衛隊の活動が限定的に認められていたが、自衛隊の活動に慎重姿勢を示す社民党に配慮し、鳩山内閣はその規定を削除した。 

« 小沢グループが衆院選後初会合 | トップページ | 米代表、来月訪朝へ 6カ国再開向け直接対話 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事