無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« PKO5原則見直しに異論=社民・福島党首 | トップページ | 普天間移設「沖縄の意思尊重」=鳩山首相、アフガン自衛隊派遣を否定-参院代表質問 »

2009年10月30日 (金)

共産「何でも反対」決別 志位氏「揚げ足取りせぬ」宣言

http://www.asahi.com/politics/update/1030/TKY200910290478.html
共産「何でも反対」決別 志位氏「揚げ足取りせぬ」宣言

2009年10月30日4時18分

 「揚げ足取り、何でも反対という立場ではない。今までとはスタンスが違うんです」。共産党の志位和夫委員長は29日、衆院代表質問後の記者会見で「揚げ足取り」からの決別を宣言した。

 志位氏は代表質問で政権交代が実現したことを「日本の政治にとって前向きの大きな一歩」と歓迎。会見でも自公政権下とは違って「現実に政治を前に動かしたい」と語り、鳩山政権を「後方支援」する姿勢を鮮明にした。

 会見では衆院本会議場にあふれる「小沢チルドレン」にも話題は及び、「民主党の問題点を若い方々のほうを見ながら率直に語りかけたが、真剣に聞いて下さった」と絶賛。最後は「前の(政権の)方々はただ口汚いヤジが多かった」と、「小泉チルドレン」の振る舞いにも触れ、会見を締めくくった。(岩尾真宏)

« PKO5原則見直しに異論=社民・福島党首 | トップページ | 普天間移設「沖縄の意思尊重」=鳩山首相、アフガン自衛隊派遣を否定-参院代表質問 »

「国内情勢」カテゴリの記事