無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« <スコープ>鳩山外交の柱 実現へ課題山積  『東アジア共同体』道険し | トップページ | 憲法解釈 内閣法制局長官の答弁禁止 小沢氏が意向 »

2009年10月 7日 (水)

米国は加えず=「東アジア共同体」で外相表明

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2009100700666
米国は加えず=「東アジア共同体」で外相表明

 岡田克也外相は7日午後、都内の日本外国特派員協会で講演し、鳩山由紀夫首相がアジア重視の観点から提唱している「東アジア共同体」構想について、「日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、オーストラリア、ニュージーランドの範囲で(構成を)考えたい」と述べ、米国は正式な加盟国としない形で創設を目指す考えを表明した。
 共同体構想をめぐり、政府高官が米国を正式メンバーとしない方針を明言したのは初めて。外相は、貿易交渉などの相手として米国を「排除しない」とも語り、一定の配慮を示したが、鳩山政権に対して「反米的」との見方もある米側が反発を強めることも予想される。 
 外相は、10日に予定される日中韓首脳会談で東アジア共同体の在り方について意見交換したいと説明。「まず経済から始め、エネルギー、環境、保健衛生などに協力分野を拡大していきたい」とする一方、域内の通貨統合については「かなり先の話になる」との見通しを示した。
 また、中韓両国との間で歴史共同研究を推進し、「共通の教科書」の作成を将来的な検討課題にすべきだとの考えを明らかにした。(2009/10/07-16:59)

« <スコープ>鳩山外交の柱 実現へ課題山積  『東アジア共同体』道険し | トップページ | 憲法解釈 内閣法制局長官の答弁禁止 小沢氏が意向 »

日米関係」カテゴリの記事