無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« オバマ大統領、来日前の合意困難 普天間移転で防衛相 | トップページ | 海賊の海、マグロ戻った!=大型漁船減少で資源回復-イエメン »

2009年10月13日 (火)

志位氏、建設的野党路線を強調 共産中央委総会で

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009101301000162.html
志位氏、建設的野党路線を強調 共産中央委総会で

2009年10月13日 13時17分

 共産党は13日午前、第9回中央委員会総会を都内の党本部で開いた。志位和夫委員長は鳩山政権への対応について「積極的に政策提言し、良いことには協力するが、問題点はただしたい」と述べ、「建設的野党」路線を強調した。

 先の衆院選で、共産党は小選挙区候補者を従来のほぼ半分に絞り比例代表に重点を置いた。比例では解散前の9議席を維持したが、小選挙区では民主党に票が流れたとの指摘もあり志位氏は「二大政党のキャンペーンの中で現有議席を確保したのは善戦健闘と言える」と一定の評価をした。

 総会では来夏の参院選に向けた運動方針も主要議題。参院選では全選挙区に候補者を立て改選4議席に対し、比例で5議席、選挙区で1議席以上を目指す考えを示した。さらに小池晃政策委員長(比例代表)を東京選挙区から擁立する方向も明らかにした。

 志位氏は鳩山政権の、八ツ場ダム(群馬県)建設中止方針に関し「マニフェスト(政権公約)を丸ごと国民との契約書と断言するのは大きな問題。民主主義軽視と表裏一体の危うさがある」として、地元住民の意向を踏まえた手続きの重要性を訴えた。

 一方で、2020年までに温室効果ガスを1990年比25%削減するとの鳩山由紀夫首相が打ち出した中期目標について「大いに歓迎する。大企業に実効ある政策を打ち出せるかが課題だ」と指摘した。
(共同)

« オバマ大統領、来日前の合意困難 普天間移転で防衛相 | トップページ | 海賊の海、マグロ戻った!=大型漁船減少で資源回復-イエメン »

「国内情勢」カテゴリの記事