無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「18歳成人」を答申、民法改正時期は不透明 | トップページ | 小沢グループが衆院選後初会合 »

2009年10月29日 (木)

参院でも代表質問始まる 自民・林芳正氏が「民主の政策は社会主義的」と批判

高速道路無料化はさておき、子ども手当や郵政見直しが「社会主義的」であるなら、社会主義とはいいものなのではないだろうか。「社会主義」のレッテルを貼って批判したつもりの伝統的な誹謗中傷の反共主義はもう時代遅れですよ。(高田)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091029/plc0910291113009-n1.htm
参院でも代表質問始まる 自民・林芳正氏が「民主の政策は社会主義的」と批判
鳩山由紀夫首相の所信表明演説に対する代表質問が29日、参院本会議でも始まった。最初に自民党の林芳正参院政審会長が質問に立ち、民主党の看板政策の子ども手当や高速道路無料化、郵政民営化見直しなどについて「社会主義的な政策で、国民の自主性や活力をそいでしまう。日本の将来を危うくする」と、強く批判した。

 これに対し、首相は「何をもって社会主義的というのか全く理解できない。誹謗(ひぼう)中傷に臆(おく)することなく国民の負託に応えていきたい」と反論した。同時に「無駄遣いを一掃し、国民が豊かさと安心を実感できる政策を推進する」と述べた。

 また、林氏は政府に経済成長戦略がないと指摘した上で「短期の鳩山不況、中期の財政破(は)綻(たん)、長期の英国病になる」と強調した。外交・安全保障政策では、米軍普天間飛行場の移設問題などを引き合いに出し、「首相は再三発言がぶれている。このようなことでは国家間の信頼は築けない」として見解をただした。

 民主党は政策決定の「政府・与党一元化」を理由に衆院では質問を見送ったが、参院では所信表明を補完する立場で輿石(こしいし)東(あずま)参院議員会長が登壇し、「民主党と自民党の一番の違いは『政府の無駄遣い排除』と『官僚依存からの脱却』だ」として、先の衆院選マニフェスト(政権公約)の速やかな実行を求める。

 午後は衆院本会議で2日目の代表質問が行われる。

« 「18歳成人」を答申、民法改正時期は不透明 | トップページ | 小沢グループが衆院選後初会合 »

「国内情勢」カテゴリの記事