無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 補給艦 海賊対策に転用 政府検討 給油打ち切りで代替策 | トップページ | 北朝鮮貨物検査で法案提出を 岡田外相 »

2009年10月19日 (月)

核の先制不使用宣言、米に働きかけ 岡田外相

http://www.asahi.com/politics/update/1018/TKY200910180207.html
核の先制不使用宣言、米に働きかけ 岡田外相

2009年10月19日1時0分

 岡田克也外相は18日、京都市で講演し、米国による核兵器の先制不使用宣言について「日米間でしっかり議論したい」と語り、米側に不使用宣言をするよう働きかける考えを示した。日本政府はこれまで核抑止力の観点から米国の宣言に反対してきた。

 岡田氏は講演の中で「(日本政府が)一方で核の廃絶を強く言いながら、自分のためには先制使用してくれと言うのは、矛盾のない行動であるかというのはかなり議論がある」と指摘。「大きな方向性としての先制不使用は否定できないこと」と語った。

 核の先制不使用は18日の「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」の本会合でも議論され、年明けにも出される最終報告書に盛り込まれる見通し。岡田氏は報告書がまとまった段階で、米側に議論を提起したい考えだ。

 岡田氏にとって核の先制不使用は野党時代からの持論だが、外相就任後は「外務省内でよく議論したい」と主張を抑えていた。

« 補給艦 海賊対策に転用 政府検討 給油打ち切りで代替策 | トップページ | 北朝鮮貨物検査で法案提出を 岡田外相 »

日米関係」カテゴリの記事