無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「無役」組落胆、不満噴出も…民主新体制 | トップページ | 【統一補選】民主2勝なら「参院での単独過半数」まで「マジック7」 »

2009年10月 8日 (木)

東アジア共同体の米排除 政府方針ではない 平野官房長官

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091008/plc0910081254003-n1.htm
東アジア共同体の米排除 政府方針ではない 平野官房長官
2009.10.8 12:52
このニュースのトピックス:外交

 平野博文官房長官は8日午前の記者会見で、岡田克也外相が首相の提唱する「東アジア共同体」に米国を含めない考えを示したことについて「私はまだ米国を外すとか、外さないとかいうことについて外相からは聞いていない」と述べた。政府の決定方針ではないとの考えを示した発言だ。

 その上で、平野氏は外相発言の真意について「米国を横に置いてとかいうことではなく、日米は当然基軸に置いて、そういうことを指向していくんだということだと思う」と語り、日米関係重視の姿勢は変わらないとの見解を明言した。

 一方、鳩山由紀夫首相が7日に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で日米合意を容認する可能性を示唆したことについて、平野氏は「一番大事なことは沖縄県民の気持ちをしんしゃくすることだ。マニフェスト(政権公約)にうたっていることを基本に3党連立合意を踏まえて対応するとの気持ちは、首相も変わっていない」と言明。移設見直しを追求する方針に変化はないとの考えを強調した。

« 「無役」組落胆、不満噴出も…民主新体制 | トップページ | 【統一補選】民主2勝なら「参院での単独過半数」まで「マジック7」 »

日米関係」カテゴリの記事