無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【与那国島が危ない】(中)「やられてから、という姿勢」(下)「ここは日本。屈辱的」 | トップページ | 700人が「反貧困 世直し大集会」鳩山政権に対策訴え »

2009年10月16日 (金)

首相、失業者支援を指示=住宅確保など、23日に緊急対策-政府雇用本部が初会合

このワンストップサービスの必要性は、昨日、ある会合で湯浅誠君が強調していたのを聞いたばかりだ。変化だなあ。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000106-jij-pol

首相、失業者支援を指示=住宅確保など、23日に緊急対策-政府雇用本部が初会合

10月16日16時23分配信 時事通信
 政府は16日、鳩山由紀夫首相を本部長とする緊急雇用対策本部の初会合を首相官邸で開いた。鳩山首相は席上、「完全失業率は高止まりし、年末年始にさらに悪化する懸念さえ生じている」と指摘。失業による貧困・困窮者の住宅確保や、就職状況が急激に悪化した新卒者への支援措置などを柱とする緊急雇用対策を 23日に取りまとめるよう指示した。
 緊急対策には失業者支援のほか、介護分野などを重点に雇用の受け皿づくりを進める「緊急雇用創造プログラム」を盛り込む。首相は「予算措置を考える状況にない」と述べ、既存予算の運用改善で対応する意向を示した。
 政府は、昨年末に「派遣切り」で仕事と住居を同時に失う労働者が相次ぎ、社会問題化したことを受け、今後は困窮者らの支援措置を最優先して取り組む。年末に向け、地方自治体や企業と連携して失業者の住宅確保を急ぎ、ハローワークに住宅紹介、生活保護申請の窓口機能も持たせる「ワンストップサービス」を検討する方針だ。
 また、企業に雇用維持を促すため、社員に支払う休業手当を補てんする「雇用調整助成金」の支給要件も緩和する方向。新たな雇用創出では、介護、農林業、観光などの分野で生活給付金付きの職業訓練を拡充する。 

« 【与那国島が危ない】(中)「やられてから、という姿勢」(下)「ここは日本。屈辱的」 | トップページ | 700人が「反貧困 世直し大集会」鳩山政権に対策訴え »