無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 給油活動、単純延長せず=米の継続要請は「当然の反応」-岡田氏 | トップページ | 臨時国会は来月下旬=民主党の輿石氏 »

2009年9月12日 (土)

<公明代表>民主と協力の可能性示唆 「おわび行脚」開始

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000033-mai-pol

<公明代表>民主と協力の可能性示唆 「おわび行脚」開始

9月12日13時1分配信 毎日新聞
 公明党の山口那津男代表は12日午前、千葉市で開かれた党千葉県本部議員総会に出席し、衆院選の敗北を受けた「地方行脚」を始めた。山口氏は「福祉、平和などの分野で十分な成果を表すには、(公明党は)いささか埋没感があった」と自公連立政権での反省点を述べた。そのうえで「野党に先祖返りせず、連立10年の貴重な経験も踏まえ、この分野を鮮明にしたい」と述べ、民主党と協力して政策を実現する可能性も示唆した。

 会合では地方議員から「自民党との選挙協力がどれだけ効果があったのか見えない」などの意見が出た。山口氏は「『連立野党』はないので、新しい関係を築かなければいけない」と選挙協力の見直しに言及した。

 山口氏は今後も全国の地方組織を回り、来年の参院選に向けて党の再建を急ぐ。【田所柳子】

« 給油活動、単純延長せず=米の継続要請は「当然の反応」-岡田氏 | トップページ | 臨時国会は来月下旬=民主党の輿石氏 »

「国内情勢」カテゴリの記事