無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米、鳩山次期政権に圧力=アフガン支援策に注目 | トップページ | 公明代表「民主に協力やぶさかでない」 鳩山代表と会談 »

2009年9月10日 (木)

民・社、海自の撤退方針変えず=官房長官「継続必要」

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009091000397
民・社、海自の撤退方針変えず=官房長官「継続必要」

 民主党幹部は10日午前、米国防総省のモレル報道官がインド洋での海上自衛隊の給油活動継続を求めたことについて「何ができるか分からないが、何か考えなくてはならない」と述べ、海自を撤退させた上で代替策を検討する考えを示した。
 社民党の重野安正幹事長も記者会見で「われわれの方針が変わることはない」と述べ、撤退をあくまで図る考えを強調した。
 一方、河村建夫官房長官は記者会見で、「(継続の)必要性を大きく感じる。(連立政権の)合意はそのあたりが明確でなく、国際貢献との整合性をどう取るのか注視しなければならない」と述べた。(2009/09/10-13:08

« 米、鳩山次期政権に圧力=アフガン支援策に注目 | トップページ | 公明代表「民主に協力やぶさかでない」 鳩山代表と会談 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事