無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 給油活動継続を要請=日英外相が会談 | トップページ | オバマ大統領、「対等な日米」の意味合い探る=アフガン支援に注目-日米首脳会談 »

2009年9月23日 (水)

北への米特使派遣を歓迎=「6カ国」枠内が前提-鳩山首相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
北への米特使派遣を歓迎=「6カ国」枠内が前提-鳩山首相

 【ニューヨーク時事】鳩山由紀夫首相は22日午後(日本時間23日未明)、ニューヨーク市内で米紙ワシントン・ポストのインタビューに応じた。北朝鮮の核問題に関し、首相は「米国が6カ国協議の再開を主導していくことを強く期待する」と表明。米政府が直接対話のため北朝鮮に特使を派遣するのを歓迎する意向を示した。
 同紙(電子版)が報じた。首相は同時に「6カ国協議の枠内で米朝対話が行われることを歓迎するが、2国間の話し合いですべて決着させるべきではない」と述べ、日米両国の緊密な連携の必要性も強調した。 
 首相はまた、日米両国とも「チェンジ」を掲げた民主党が政権交代を果たしたことを指摘。「これは日米関係に良いインパクトを与えると確信している。わたしは米国民の信頼を得たいと強く思っている」と、鳩山政権として米国との同盟関係強化に取り組む姿勢をアピールした。(2009/09/23-15:30)

« 給油活動継続を要請=日英外相が会談 | トップページ | オバマ大統領、「対等な日米」の意味合い探る=アフガン支援に注目-日米首脳会談 »

「国際情勢」カテゴリの記事