無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 連立政権樹立で合意=日米地位協定、「改定を提起」-民主・社民・国民新 | トップページ | 連立政権:政策合意の内容全文 »

2009年9月10日 (木)

3党連立合意を評価=共産委員長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009090901024
3党連立合意を評価=共産委員長

 共産党の志位和夫委員長は9日夜、民主、社民、国民新3党が連立政権樹立で合意したことについて「合意内容は全体としておおむね肯定できる方向だ」と評価した。具体的には労働者派遣法の改正と、後期高齢者医療制度の廃止が盛り込まれたことを挙げた。
 同時に「民主党のマニフェスト(政権公約)には問題点もあり、賛成できる点は協力し、問題点はただしていく」と述べ、是々非々の立場で臨む方針を改めて強調した。都内で記者団の質問に答えた。 
 これに先立ち、志位氏は都内で講演し、民主党の鳩山由紀夫代表が温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減する目標を明言したことについて、「この表明を歓迎する。財界の激しい抵抗との戦いが必要で、新政権が財界主導から抜け出せるのか、その根本的立場が試される」と語った。(2009/09/09-22:09)

« 連立政権樹立で合意=日米地位協定、「改定を提起」-民主・社民・国民新 | トップページ | 連立政権:政策合意の内容全文 »

「国内情勢」カテゴリの記事