無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 最大の「空母型」護衛艦配備方針=ヘリ14機、洋上給油も-防衛省 | トップページ | 普天間見直し、再協議せず=民主新政権をけん制-米国務省 »

2009年9月 1日 (火)

米国防長官、10月にも日韓訪問=新政権下で安全保障政策協議

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009090100099
米国防長官、10月にも日韓訪問=新政権下で安全保障政策協議

 【ワシントン時事】米政府が、ゲーツ国防長官を10月中旬に日本と韓国に派遣する方向で調整を進めていることが31日、分かった。米政府筋が明らかにした。
 訪日では、新政権下での在日米軍再編の確実な履行を求めるとともに、海上自衛隊によるインド洋での給油活動についても協議するとみられる。
 ゲーツ長官は10月18~19日に韓国国防相と定期会談を行う方向で日程が詰められており、その前後に日本を訪問する計画という。
 拡大抑止(核の傘)や日本の次期主力戦闘機(FX)、在日米軍駐留経費の負担問題についても意見交換するとみられる。
 11月にはオバマ大統領の訪日が予定されており、その前に安全保障政策の調整をする狙いもある。(2009/09/01-08:02)

« 最大の「空母型」護衛艦配備方針=ヘリ14機、洋上給油も-防衛省 | トップページ | 普天間見直し、再協議せず=民主新政権をけん制-米国務省 »

「国内情勢」カテゴリの記事