無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ペシャワール会・伊藤さんの用水路、完成 アフガン | トップページ | 【正論】民主党政権発足に寄せて ジャーナリスト・櫻井よしこ »

2009年9月21日 (月)

アフガン積極支援表明へ=鳩山首相、21日に訪米

鳩山首相に19日の中村哲さんの講演を聴いてもらいたかった。
中村さんは「重要なことは日本はアフガンに何をなすべきか、ではなくて、何をしてはならないかだ。戦争に協力してはならない。人殺しの手伝いをしてはならないということだ」と語った。私たちが主張してきた非軍事・民生支援という場合も、この原則が必要だろう。鳩山さんと新政権にとくと考えてもらいたいことだ。中村さんは日本政府の資金でも活動への援助は遠慮なしに受け入れると言っている。即刻、ペシャワール会やJVCなど、NGOへの支援をせよ。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009092000086
アフガン積極支援表明へ=鳩山首相、21日に訪米

 鳩山由紀夫首相は21日夜、国連総会などに出席するため、米ニューヨークに向けて出発する。23日に行うオバマ米大統領との初の首脳会談や24日の国連総会一般討論演説で、首相はアフガニスタンへの非軍事分野での支援に積極的に取り組む方針を表明する。海上自衛隊によるインド洋での給油活動打ち切り方針に米側が懸念を強める中、対テロでの貢献を続ける姿勢を国際社会にアピールするのが狙いだ。
 鳩山政権は、来年1月15日の新テロ対策特別措置法の期限切れ後は、現在の給油支援を単純に延長しないというのが基本方針。ただ、海外に対しては「対テロ協力に後ろ向きとの印象を与えている」(国連外交筋)との指摘もある。このため首相は今回の訪米で、アフガンの経済・社会の安定化に向け、医療、教育、雇用、農業など民生分野の支援を進める方針を説明、各国の理解を得たい考えだ。 
 アフガンでは米軍のテロ掃討作戦が難航し、治安は依然厳しい状況が続いている。岡田克也外相は20日のテレビ番組で、アフガン本土への自衛隊派遣について「あり得ない選択」と述べた。日米首脳会談やそれに先立つ21日の外相会談での協議内容を踏まえ、政府は11月に予定されるオバマ大統領の来日までに、非軍事支援の具体策を詰める。
 首相はニューヨークで中国、ロシア、オーストラリア、韓国との首脳会談をそれぞれ行うほか、24、25両日にピッツバーグで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)にも出席。26日に帰国する。(2009/09/20-21:04)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009092000055
自衛隊アフガン派遣を否定=外相

 岡田克也外相は20日のテレビ朝日番組で、海上自衛隊によるインド洋での給油活動に代わるアフガニスタン復興支援策に関し、「アフガニスタンの状況はかなり厳しい。各国も(軍の)撤退を模索する状況で、いきなり若葉マークの付いた自衛隊を出すのはあり得ない選択だ」と述べ、海自撤収後の本土への自衛隊派遣には否定的な考えを示した。
 岡田氏は「日本はアフガニスタンの人たちに、軍を出していないことで評価されている」と指摘。「本土に自衛隊を出してくれという話が米国からあるわけではない」と語った。(2009/09/20-13:17)

« ペシャワール会・伊藤さんの用水路、完成 アフガン | トップページ | 【正論】民主党政権発足に寄せて ジャーナリスト・櫻井よしこ »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事