無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« <北沢防衛相>「インド洋給油延長せず」と明言 近く沖縄へ | トップページ | 原発行政:福島氏の見直し発言に、直嶋経産相「ノー」 »

2009年9月17日 (木)

憲法解釈担う法制局長官、前政権から留任

http://www.asahi.com/politics/update/0917/TKY200909170015.html
憲法解釈担う法制局長官、前政権から留任

 政府は16日の閣議で、宮崎礼壹内閣法制局長官と伊藤哲朗内閣危機管理監を留任させる人事を決めた。福田進、林景一、西川徹矢の各官房副長官補の留任も決めた。民主党政権で政府の憲法解釈を担う内閣法制局や、首相を支える内閣官房の幹部人事の行方が注目されていたが、麻生前政権のスタッフを引き継いだ。

« <北沢防衛相>「インド洋給油延長せず」と明言 近く沖縄へ | トップページ | 原発行政:福島氏の見直し発言に、直嶋経産相「ノー」 »

改憲動向」カテゴリの記事