無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« マニフェスト点検「安全保障」…自民、民主の内容 | トップページ | マニフェスト点検「安全保障」…焦点はインド洋給油 »

2009年8月 8日 (土)

マニフェスト点検「安全保障」…自衛隊の海外派遣

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090808-OYT1T00213.htm
マニフェスト点検「安全保障」…自衛隊の海外派遣

 自衛隊を海外に派遣するための「恒久法」は、国連平和維持活動(PKO)や災害救援を除き、現在は存在しない。イラクの復興支援やインド洋の給油活動への自衛隊派遣は、期間を区切った「特別措置法」を制定し、個別対応してきた。

 自衛隊の海外派遣は、日本の国益と密接に絡むが、近年のもう一つの特徴は、イラク復興支援や給油活動のように、対米協力や米軍との役割分担が大きな意義を持つ場合も増えている。

 自民党は、自衛隊を迅速に海外派遣できるよう、恒久法である「国際協力基本法」の制定を目指す。

 一方、民主党はマニフェストに「国連の平和維持活動(PKO)等に参加して平和の構築に向けた役割を果たす」と記し、国連活動への積極参加を前面に出す。

 政権公約の基になった政策集では「国連憲章41条、42条によるものも含め」国連の平和活動に積極的に参加すると踏み込んだ。
(2009年8月8日04時02分  読売新聞)

« マニフェスト点検「安全保障」…自民、民主の内容 | トップページ | マニフェスト点検「安全保障」…焦点はインド洋給油 »

「国内情勢」カテゴリの記事