無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 鳩山代表の対北「対話と協調」、河村長官が批判 | トップページ | 政権交代歓迎でも民主に不安 護憲派悩む1票 »

2009年8月24日 (月)

米原子力空母:「ニミッツ」が横須賀に寄港 抗議集会も

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090824k0000e040012000c.html
米原子力空母:「ニミッツ」が横須賀に寄港 抗議集会も
米海軍横須賀基地に寄港する原子力空母ニミッツ=神奈川県横須賀市で2009年8月24日午前9時34分、本社ヘリから塩入正夫撮影

 米海軍の原子力空母「ニミッツ」(満載排水量約9万7000トン)が24日午前、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に寄港した。原子力空母「ジョージ・ワシントン(GW)」が同基地に配備された昨年9月以降、別の原子力空母の寄港は初めて。市内では数百人規模の抗議集会などが22日から続いている。

 ニミッツの寄港は97年9月以来2回目。全長はGWより約10メートル長い約342メートル、乗組員は約5600人で母港は米サンディエゴ。補給や乗組員の休養などが主な目的とみられ、28日まで滞在する。

 GW配備に反対の市民団体共同代表、呉東正彦弁護士は「将来的に複数の原子力艦を横須賀に配備する狙いがあるのではないか。絶対に許せない」と話している。

 GWは原子力空母が米本土以外に配備された初のケースで、同基地は配備に伴い原子力空母に対応する維持管理態勢を整備した。GWは大規模な補修を受けた後、6月10日から長期の作戦航海に出ている。【吉田勝】

« 鳩山代表の対北「対話と協調」、河村長官が批判 | トップページ | 政権交代歓迎でも民主に不安 護憲派悩む1票 »

民衆の運動」カテゴリの記事