無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 民主の高速無料化を疑問視=社民党首 | トップページ | 非核三原則「法制化にこだわらず」 社民・福島氏 »

2009年8月29日 (土)

みんなの党と連立せず 民主方針

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090829/stt0908290136000-n1.htm
みんなの党と連立せず 民主方針

 民主党は28日、衆院選後に政権を獲得しても、みんなの党と連立を組まない方針を固めた。今回選挙で単独過半数を獲得するのが確実な情勢を踏まえ、過半数に達しない参院で、社民、国民新両党などと連立を組めば、政権運営に支障はないと判断した。みんなの党が民主党候補の出馬する選挙区で、対抗馬を相次ぎ擁立した事情もある。

 みんなの党の渡辺喜美代表は、民主党の小沢一郎代表代行に近く、民主党は渡辺氏の選挙区に候補を擁立していない。だが、みんなの党側は、民主党候補が出馬した神奈川4区に、同党を除籍となった浅尾慶一郎前参院議員を立てるなど、民主党推薦・公認候補のいる計13選挙区で候補擁立に踏み切った。

 渡辺氏はこれまで、連立政権参加に前向きな考えを示していたのに対し、民主党側は「今(みんなの党とも)戦っている最中だ。こんな時期に言わないでもらいたい」(岡田克也幹事長)と不快感を強めていた。

 一方、民主党との選挙協力で、兵庫8区から田中康夫代表が出馬した新党日本については、衆院選で議席を獲得すれば、連立を組む方針だ。

« 民主の高速無料化を疑問視=社民党首 | トップページ | 非核三原則「法制化にこだわらず」 社民・福島氏 »

「国内情勢」カテゴリの記事