無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政権交代歓迎でも民主に不安 護憲派悩む1票 | トップページ | 連立入り、踏み込む社民=国民新党は不協和音【09衆院選】 »

2009年8月25日 (火)

首相、ルース新大使と会談=日米同盟強化で一致

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009082500324
首相、ルース新大使と会談=日米同盟強化で一致

 麻生太郎首相は25日午前、着任あいさつのため首相官邸を訪れたルース駐日米大使と会談し、日米同盟を強化していく考えで一致した。
 首相は「在日米軍再編など2国間の課題、北朝鮮問題を含むアジア・太平洋地域情勢についての課題で緊密に協力していきたい」と表明。これに対しルース氏は、オバマ大統領が日米同盟の重要性を強調していたと紹介した上で、「日米の緊密な連携が不可欠だ。より強固な関係を構築できるよう努力したい」と述べた。 
 ルース氏はこの後、河村建夫官房長官と会談、「ますます日米関係の強いきずなが大事になっている。大統領からもその点をしっかり言われてきた」と重ねて強調した。(2009/08/25-12:12)

« 政権交代歓迎でも民主に不安 護憲派悩む1票 | トップページ | 連立入り、踏み込む社民=国民新党は不協和音【09衆院選】 »

「国内情勢」カテゴリの記事